2013年07月17日

若竹をガーデンシュレッダーへかけて乾かす

take201306707001.jpg

前はタケノコより少し大きくなったくらいのもの
だったけど、今回は見た目かなり竹に近づいていて、枝が開ききっていないくらいの状態のものをガーデンシュレッダーにかけた。
前回に比べて繊維が大きいのが分かる。
回転刃式のガーデンシュレッダーだと、太い部分で停止してしまうことが何度かあった。
縦方向に繊維が長いままつながっていると絡まって停止してしまうようだ。
そこで、太い部分は刈込バサミで20cmくらいに切って、それを投入すると繊維の長さが短めになるので、絡まりづらく停止しなくなった。
ただ、水分量や糖分が多く粘ついて詰まってしまうことが数回はあった。
これは竹である以上どうしようもないか。
まあ、太い部分を短く切るだけでほとんど停止しなくなるので、比較的楽に進められた。

コンポストがいっぱいなので、そのまま置いていたら翌日には腐敗臭がし始めていたので、天日で干して乾かしておくことにした。

take20130710001.jpg

3日程度天日で乾かした状態がこれ。
見た目ほぼ切り藁。
元は竹なので少し固めだけど。
今コンポストの中のものが堆肥化するまではこの乾燥した状態で保管する。
当然ながら乾燥したらすごい軽くなった。
発酵するための水分がなくなったことで、かなり腐りづらくなったはず。
堆肥化するときは改めて水を追加する。

さらにもう一度生えてきていた竹をガーデンシュレッダーにかけ天日干し。

take20130717001.jpg

このタケノコから柔らかい竹の時期にできるだけ竹を処理しないと、竹藪がどんどん元に戻ろうとするので大変。
まだ全然竹藪のままのところが多いけど、せっかく切ったところがまた元通りになるのはできるだけ阻止したいところ。

投稿者 Takenori : 17:18 | トラックバック

2013年07月03日

若竹をガーデンシュレッダーへかける

take20130703001.jpg

若竹というか大きくなりすぎたタケノコというか、まだ鎌で切れるくらいの柔らかい竹を切って 2、3日置いた後、ガーデンシュレッダーにかけた。
それなりの量だと思っていたが、シュレッダーにかけても量は多い。
大きいたらいから溢れるくらい。
最後の方はタケノコの皮が多かったので写真のようになっているが、途中はもっと青く細かくなっている。

take20130703002.jpg

こんな感じ。
普通に育って固くなった竹もこれくらい細かくできる機械が数万で買えればいいんだけど、電動じゃ厳しいか。
大きな竹を細かく粉砕する機械はエンジン式で結構大がかりなものだし。
ギア式のガーデンシュレッダーであれば、太い竹は割ってから投入することである程度細かいチップ上にできるらしい。
ただ、ギア式の場合大きさ的になかなか堆肥化しそうにないように見えるけど。
柔らかい若竹の時なら、回転刃式のガーデンシュレッダーで写真のように細かくできる。
写真だとわかりづらいが、一部はおが屑のようになっていて、かなり細かい。
これをぬかと混ぜてコンポストに入れる。

take20130703003.jpg

101L のコンポストだけど意外と量入る。
押し込めたらちょうど全部入った。
適当に切って集めたけど、ちょうど入って良かった。
ただ、今日から数日間の雨でまた竹が育ちそうなので、次刈ったものをどうするか考えないといけない。
野ざらしで堆肥化するのもなぁ……

今回雨が止んでいる間にさっさとコンポストに詰めてしまったが、結構水分量多そうなので数日干した方が良かったかもしれない。
シュレッダーにかける前に数日置いたけど、かけてから置かないとあまり乾燥しなさそう。
水分量が多いと嫌気発酵となってしまうかもしれない。
後、竹は糖分が多いので若い時なら早く堆肥化しそう。
固くなった後だと竹は腐りづらいんだけど。

ともかく今日から1ヶ月くらい放置して、それからまた切り返したいと思う。
若竹をガーデンシュレッダーで細かくしたものは早く堆肥化しそうだと思っているが、実際はどれくらいかかるだろうか。

投稿者 Takenori : 19:44 | トラックバック

2012年06月28日

竹を切りそろえてまとめる

竹を切った直後は枝も葉もついていて七夕の笹くらいしか使い道が見あたらないが、しばらくおいて葉が落ちた後、枝を払うと比較的利用しやすい形になる。
201206271752002.jpg
ただ、このように長さや太さがばらばらで運びづらい。
これを長さをそろえて切って、ある程度まとめて紐で縛ると運びやすいし使いやすく綺麗になる。
201206271752001.jpg
長さをそろえて縛る前はゴミのようだが、後は何かに使える材料に見える。
ここまでやるのでも結構時間がかかる。
竹を切ってしばらくおいて葉を落とし、枝を払って運び出してから長さを切りそろえて、まとめて縛る。
途中の放置を除いて1本あたり4分くらいかな?
写真に写ってる縛ってるものの本数は数えてないけど60本くらいかな、だとしたらここまでやるのにこれで4時間程度かかっていることになる。
300本だと5倍で20時間か。
竹藪にはまだまだ間引かないといけない竹があるので大変そうだ。
でも、畑で支柱として使うとしても100本も要らないので大量に余る分をどうするかも考えないといけない。
簡単に捨てられないし燃やせないし……
放置竹林が問題になるのもある程度仕方ないな。
昔のようにいろんなことに竹を使っていれば良かったんだろうけど、今はほとんどプラスチックになっているし。

投稿者 Takenori : 21:22 | トラックバック

2012年06月26日

竹藪

以前切った約300本の竹の枝払いが終わって、そのスペースが空いた。
かなり時間かかった。
枝払った後の竹は長さをそろえて切ってまとめないといけないので、まだ処理には時間かかる。
後、積もった枯れ葉をのけて、下に残った10~20cm の竹を切って綺麗にした後、ブルーシートを敷いて残りの竹を置くスペースを確保しないと。
竹藪の写真はこんな感じ。
201206261732002.jpg

数mくらいしか奥が見えないくらい密集してしまっている。
300本切ってだいぶスペースが空いたけど、写真の通りまだまだ竹はある。
適度な間隔に間引くにはまだ1000本以上切らないとダメだろうか。
置くスペースが出来て作業しやすくなるとは思うけど、まだかなりの時間がかかりそうだ。

投稿者 Takenori : 23:45 | トラックバック

2012年06月18日

レシプロソー

竹を切るのを省力化するために充電式レシプロソー JR101DWを買って切ってみた。
刃は竹用のZ レシプロソー替刃 竹切り用 210ミリ P2.15 20104と言うのがあったので、これをつけた。
竹挽鋸で切るのに比べて超楽だし切る時間を短縮できる。
地面ギリギリで切るのでたまに節の部分を切ることになるが、その時はさすがに少し切りづらい。
これは竹挽鋸で切っても切りづらいので同じ。
竹に刃が食い込んだらさくっと切れる。
商品ページでは、バッテリー容量の目安として木材20本、鋼管20本、塩ビ管約55本とあったので、塩ビ管くらいの量切れるかなと思っていたら、90本くらいは切れた。
まあ、淡竹で直径2cm~3cm程度の物が多いからな気もするけど、これくらい切れたら十分かな?
それほど疲れずに切れるので、もっと切れた方がいいけど。
より大容量だけど重い機種と悩んだけど、軽いこの機種で良かったかも。
ただ、予備バッテリーは欲しいところ。

竹なら竹挽鋸でも十分よく切れるので、今後はレシプロソーと竹挽鋸を併用していくと思う。
軽いと言っても 1.1kg なので、竹挽鋸に比べたらかなり重いので扱いやすさと言う意味では竹挽鋸の方が手軽。

投稿者 Takenori : 23:47 | トラックバック

2012年06月14日

竹藪を竹林にしたい

家の裏が竹藪になっている。
昔はそんなに竹生えていなかったと思うんだけど、気付いたら竹だらけ。
竹が密集していて奥の方は真っ暗。
この竹藪を何とか管理された竹林状態にして、見た目を綺麗にしたい。
後、このまま放置していたらさらに竹藪は拡大して大変になりそう。
そう思って去年の10月中頃から末くらいまで竹を切って枝払って積んでと言う作業をしてた。
この時切ったのは300本くらいかな?
切るのはさくさく進むんだけど、枝を払うのが時間かかる。
この時は鉈で枝払っていた。
すべての枝を払う事は出来ず、いったんそのまま積んで置いていた。

堆肥を作るための枯れ葉(竹の葉)はこの竹藪のものを使ってる。
竹は、5、6月頃に落葉する。
たけのこに栄養を送るために葉には栄養が行かなくなり黄色くなって落葉するんだとか。
去年切った竹の葉が枯れて落ちているので、それも使うのと支柱に竹も使おうと再び今月の初め頃から積んでいた竹の枝を払って運び出している。

枝を払うのは鉈の刃を使うのではなく、枝の部分や丸い棒で叩くのがよいらしいので、鉈を使うのは止めてスチールラックの支柱の丸い金属棒で枝を払っている。
金属パイプを買いに行こうかと思って見回したら、スチールラックの支柱の丸い金属棒が転がっていたのでそれを使う事にした。
これを使う方が確かに鉈で払うより楽。
刃がついていないので、それほど神経を使わなくていい。
枝を払うのは1時間で30本くらいのペース。
去年切った分がまだ処理できてない。
枯れ葉集めと枝払いと棹の運び出しで結構時間かかってる。
もう数日で切っていた分は処理できそう。

去年竹は下から15cmくらいのところで切っていたんだけど、出来るだけ下の方で切っておいた方が良いようだ。
根元から 1cm未満かな。
下に残った竹の部分を何本か根元ギリギリで切ったけど、確かにこうした方が地面が平らになって歩きやすいしものを置きやすい。
今後切るときは出来るだけギリギリで切りたいと思う。
積んでいた分が終わったら、前に切ったものをまたギリギリで切ってスペース確保する。
スペース確保したら、ブルーシートを敷いて再び竹を切るのを進めてシートの上に竹を積んでいこうと思う。
ブルーシートを敷くのは直接置くと置いた竹間からたけのこが生えてきてやっかいな事になるから。
ブルーシート程度でたけのこを防げるの?って感じだけど、ビニール敷き竹藪駆除方法を見るといけそう。
このページは去年か一昨年くらいから実験はじめたようなのでまだ確かな効果はわからないけど、何も敷かずにやるよりは効果が高そうだから試してみる。
後、落ちた竹の葉もシートがあると集めやすそうだし。

竹の枝を払って棹の部分を運び出すのはいいんだけど、枝の処理が今悩んでいるところ。
竹の葉 → 堆肥、竹の棹 → 支柱等、竹の枝 → ?
枝以外は他でなんとか利用してるんだけど、枝はどうしようもない。
利用方法は竹箒くらいしかないようだけど……
後は魚とかを捕る仕掛け?
ギア式のガーデンシュレッダーであれば砕けるようなので、もう少し小さくして何とか堆肥化してみるという手はあるけど……
燃やすのは何とか避けたい。
竹をパウダー状にする機械はかなり高いので手が出ないし、レンタルでも1日数万とか。
しばらくは積んでおくとして何とか処理方法考える。

投稿者 Takenori : 23:58 | トラックバック

2012年06月10日

淡竹のたけのこ

201206101520001.JPG
よく見るたけのこは孟宗竹のたけのこだと思うけど、これは淡竹のたけのこ。
地面から出て30cm~50cmになったところを折り取って収穫するとか。
今がシーズンで、収穫して24時間以内くらいならあく抜きせずに食べられる。
やわらかくて美味しい。

投稿者 Takenori : 21:21 | トラックバック



Total : Today : Yesterday :